体調不良は、寝室環境が原因かもしれません

こんにちは。桜井です。

大雨ですね・・・・。

秋になりましたが、秋晴れを見ていないように感じます。

今年の夏は、暑さやオリンピックの応援で睡眠不足に

なりがちだったのでは・・・・。

睡眠の質を高めるには、

朝、太陽の光を浴びること。交感神経が刺激されて、体内時計を

リセットできます。

同じように大事なことは、寝室の室内環境を整えること。

温度や湿度、照明の色は、睡眠に大きな影響を与えます。

家づくりにおいては、リビングや水回りのほうが主役になりがちですが、

1日のうち6時間くらい過ごす寝室は、健康に大きな影響を与えます。

もっと真剣に考える場所のような気がします。

室内環境を整えるために、炭の効果を見直してみてもいいですよ。

マイナスイオンたっぷりの寝室で、一日の疲れをとりたいものですね。

 

 

 

 

関連記事