ドラム式洗濯機

先日、お客様との打ち合わせの際

リフォームをきっかけに、洗濯機の購入も考えているのだけど

ドラム式とタテ型洗濯機どちらが良いかなあ?というご相談がありました。

 

我が家では、ドラム式の洗濯機を2年前に購入したお話を致しました。

はて?ドラム式の洗濯機に決めた

ポイントはなんだったかな と、考えました。

 

当時、お仕事が忙しく夕方暗くなってから帰宅し

お洗濯を取り込むと、、、湿ってる。。

雨の日は、部屋干しになり心地よく乾かないし、大物洗いができないなどなど。

お天気の良い日ばかりがお休みの日ではありませんでしたので、

ふんわり乾くお洗濯に憧れて、ドラム式乾燥機の購入を決断致しました。

 

ちなみに、ドラム式洗濯機の得意技は”乾燥”です。

ドラム式は構造上、洗濯物を舞い上げながら乾燥させます。

衣類と衣類の間を乾燥風が通るので、シワになりにくく良く乾きます。

我が家では、洗濯物の乾燥については理想通りでした。

が、ちょっぴり残念な事が。

寸法は全て採寸し搬入までスムーズでしたが、

思ったよりも開閉扉の開くスペースを必要とするので、周辺の収納家具などとの接触や

出入り口との緩衝も考えてのゆとりをもった設置位置をお勧めいたします。

またタテ型洗濯機よりも高さもあるので、水栓の取り付け位置も気をつけないと

接触してしまい予定通りの位置に設置できない事もあります。

ドラム式洗濯機をお考えの方は、お気を付け下さいね。

タニ

 

 

 

 

 

関連記事