新築二世大型リフォーム「2間続きの和室を明るいリビングに」/加須市

空き家となっていた築20年のご主人のご実家をリフォーム
客間だった2つの和室と広縁を一つの大きなリビングへ

        

お客様のご要望

・ほとんど使うことのない二間つづきの客間を使いやすくしたい。
・昔ながらの応接間を家族スペースにしたい。
・収納スペースが少ない。
・水回り(浴室・洗面・キッチン)の配置が悪く使いづらい。
・エコも気になる。
・夏暑く、冬寒い


施工ポイント

続きの和室は使いづらいとのお話から、広縁まで下がり壁を取り払い、開放感ある明るいリビングにしました。広縁との間にある構造上取れない柱を間仕切りにしたことで、外からの視線を遮ることができます。 また床の間だった所は全面クローゼットにして、グレーの間仕切りで見えないようにしました。

写真

  • LDK

    広縁をリビングと繋げることにより、リビングが明るくなりました。
  • LDK

    床の間があった場所を収納スペースとして活用。
    収納スペースをまとめたうえで、その目隠しも兼ねて間仕切りのスタイリッシュなTVボードを設置。
  • LDK

    孤立していたキッチンを対面式にし、家事をしながら家族と会話も。
  • 浴室

    浴室もリフォームして使いやすくなりました。
  • 屋根

    太陽光発電のパネルを屋根に設置。

施工概要

所在地
埼玉県加須市
竣工
2014年8月
規模
地上2階
設計者
株式会社 六花舎設計
この施工例についてのご質問はお気軽に!