住宅もIoTでらくちん・安全!スマートホーム

つながる安心。つながる便利
マイホームをスマートホームへ

IoTスマートホームIoTスマートホーム

 
リクシルライフアシスト動画
 

住宅のIoTも広がりつつあります
スマートホーム
IoT(Internet of Things)は、あらゆるモノをインターネット(あるいはネットワーク)に接続する技術のことで、日本語ではモノのインターネットと訳されます。

もともと製造業などで状況の分析や予測などに使用され出しましたが、現在では個人や家庭でも、インターネットで提供されている音楽配信サービスを利用できるスマートスピーカー、YouTubeなどインターネット上のコンテンツを視聴できるテレビ、インターネット経由で映像を確認することができる監視カメラなどがあります。

 
毎日の暮らしが変わる!

例えば、忙しい朝の時間帯。
起床前に窓のシャッターが自動で開き、起床後はベッドの中からスマホ一つで、エアコンや照明の電源を入れることができます。
もしうっかりエアコンなどの電源を切り忘れたまま外出してしまっても、スマホから電源をオフにできます。
寒い朝は暖かくなるまでベッドの中にいられますし、戸締りも出先から戻って確認することもありません。

ベッドの中でスイッチオン
スマホで照明を点ける
スマホでエアコンを点ける

 
こんなことができます!

スマートホームでできること

 

1日の流れでスマートホームを見てみましょう
(LIXILライフアシスト2より)

 
おはよう~おでかけ
あわただしい朝。おでかけまでの間が、少しでも便利にカンタンにできるようにサポートします。

日中
日中。あなたに代わって住まいの安心安全をサポートします。

ただいま~おやすみ
夜は電気を多く使います。そんな時でも 便利で快適で 省エネ な暮らしをサポートします。
 

 

さらに!離れたところから見守れる!
両親の見守りペットの見守り
インターネット経由で映像を確認することができるカメラで、ふだんは離れて暮らしているご両親の様子や、外出先からペットの様子を見守ることができ、安心です。

 
 

六花舎設計がご提案するスマートホームでは、「エアコンをベッドの中でスマホでon!」「隣の部屋の照明も点けられる」「車庫の電動シャッターの自動OPEN」「玄関のカギのロック」など、その部屋にいなくとも、また外出先からでもスイッチONできるようになります。
例えば独居のおじいさんがカギを閉め忘れたら、孫が閉めるということもできます。

楽ちんだけでなく、安心安全なホームになります。

スマートホームは、地震のときも太陽光で動くように設計も可能です。詳しくはお気軽にご相談ください。

 
六花舎設計はLIXILが提案するスマートホーム「ライフアシスト2(Life Assist2)」をはじめ、各社のスマートホームを採用しています。ご要望に合わせて、あなたの暮らしの最適をご提案いたします。

スマートホームのご質問はお気軽に!



 

資料請求

資料請求