省エネ性能説明の義務化が施工されます。

2021/01/30

こんにちは、高気密高断熱高耐震の注文住宅、株式会社六花舎設計です。

来る4月1日より、省エネ性能説明の義務化が施工されます。

環境保全や省エネルギー、住人の健康という観点からも、今後ますますその必要性を増す「省エネ住宅」。

住宅の省エネの重要性が認知され始める中、建築士による省エネ性能の説明が義務化します。

2020年に予定されていた住宅への”省エネ性能適合義務化”でしたが、中小工務店の反発等様々な理由により見送られたのは記憶に新しいところです。

形を変え、日本の住宅の省エネ化に一歩前進した形となる法改正ですが、「省エネ性能の説明義務化」
建築物省エネ法の改正により、延床面積が300㎡、約90坪以下の小規模住宅または小規模非住宅において、建築士からお施主様へ省エネ性能の説明が行われます。

弊社では、以前より標準でZEH仕様の住宅を建てております。詳しくは弊社設計部までお問合せくださいね。

zehロゴ