間取りで子どもの健康を考える

今年もわが家の外壁に

ヤモリがはりついているのを

見つけたはしぐちです。

 

さて、間取りのお話しです。

小さい子どもにとって、家は運動場。

 

家づくりを考える時、子どもの健やかな成長を願い

「子どもの成長に抵抗力をつける家」あるいは

「自然治癒力を回復する家」をつくりたいものですね。

小さい子どもにとって「家の中を走り回れる」間取りも

健やかに成長する大切な要因のひとつです。

『5歳までは部屋の中で走っても叱らない』という気持ちを持つと

子どもの足腰は自然と鍛えられ、健康に育つそうですよ。

5歳までなら、直線でなくとも10mほどの間取りがあれば

十分に走り回れる空間になるそうです。

 

家づくりの際、ちょっと考えてみてはいかがでしょう。

 

2017/5/29

子どもが走るまわれる間取り

子どもが走るまわれる間取り

関連記事